倉敷商工会議所青年部YEG

2020年度 倉敷商工会議所青年部 基本方針

  • HOME
  • » 2020年度 倉敷商工会議所青年部 基本方針

2020年度 倉敷商工会議所青年部 基本方針

1.スローガン

クラウドコミュニケーション

2.基本理念

~様々な繋がりをもって、豊かな未来を築こう~

3.事業計画

(1) 会員の企業発展に繋がるセミナー等の開催
(2) 倉敷市への政策提言活動及び勉強会の実施
(3) 高梁川流域「倉敷三斎市」の運営及び今後の検証
(4) 親会、女性会、他団体、OBとの親密な関係を築く事業の企画と運営
(5) 水島地域での事業計画と運営
(6) 会員増強及び、YEG研修の実施
(7) 産学連携による若者との積極交流事業の実施
(8) 全国のYEGメンバーと繋がる交流事業の企画と開催
(9) 女性活躍に向けた事業の実施
(10) メディア媒体を使い当会活動の魅力の発信
(11) 25 周年に向けた企画準備。

4.運営方針

(1) 倉敷YEG資質向上活動
【倉敷YEGが経済団体として更に質の高い団体となるような事業に実施】

  • 会員が、例会の出席意欲を向上させるような例会運営をする
  • 会員が、委員会の出席意欲を向上させるような委員会運営をする
  • 経済団体であるという本質を会全体へ広める事を推進していく
  • 提言活動に力を入れ、若手経営者のこれからの発信力となるよう、倉敷商工会議所や倉敷市へ提言していく

(2) 会員ビジネス向上活動
【倉敷YEGメンバー全員が自企業発展に繋がる事業の実施】

  • 最新の経営術を学ぶ機会を増やし、自企業が発展する場となるよう運営する。また、常にビジネス活動の方向性を追い求めていく

(3) YEGネットワークの向上活動
【全国の同志との交流を通じ、スケールメリットを生かす事業の実施】

  • 岡山県内のYEG・中国ブロック内のYEG・全国のYEGメンバーとの交流を深めていける団体にする 

(4) 地域活性活動
【倉敷の中心市街地及び水島地域の活性に繋がる事業の実施】

  • 倉敷中心市街地の活性化及び水島地域の活性化に繋がるような事業の計画・運営・検証を進めていく
  • 産学連携により、地元の高校生や大学生と積極的に交流し、自社企業の人材確保につなげていく
     

(5) 倉敷YEG会員交流・拡大広報活動
【倉敷YEG単会として、今後の会員増強と会員連携強化に繋がる事業の企画と実施】

  • 会員がより親密な交流活動が出来る様な運営をする
  • YEG活動の広報を強化し、会員増強につなげるとともに、入会後のメリットを実感できる場となるよう充実した交流活動をする。

 
(6) 高梁川流域「倉敷三斎市」運営向上活動
【地域を活性化させるために地産地消にこだわった事業の企画と実施】

  • 倉敷三斎市を適切に運営し、今後の三斎市の将来ビジョンを明確化しメンバーと共有する。

5.会長所信

令和元年が昨年5月1日からスタートしました。平成が始まった1989年、モノづくりを得意とし急速に技術革新をしていった日本は世界最先端を走り、日経平均株価は3万8915円と史上最高値を記録しました。ポケベルが普及し、コンピューターが身近になり、世界的な産業構造の変化が起こっていて、皆がワクワクしている、 まさにバブル時代でした。
程無くバブルが崩壊し、平成元年から導入された消費税等も重なり、金利が崩れ、ICTビジネスましてやIoT化の発想が浸透していなかった日本は世界から取り残される形となりました。大手企業の倒産や縮小により、 終身雇用の安定的な考えは薄れていきました。
時代は進み、令和元年はスマートフォン等の普及やテクノロジーの進展でインターネットやSNSが広く普及したことにより、企業と個人が密接に繋がり、ニーズが多様化して、情報収集と顧客満足が企業の最重要課題となっています。また働き方改革により企業の在り方を問われる時代となり、自社の魅力を向上させることも重要に なっています。

いかに多くの人に求められるか。私はそれが、資本主義の核だと思っています。
求められるから人気が出る、求められるから価値が生まれる…

クラウドコミュニケーションは【様々な繋がり】という意味でスローガンとしました。
求められるには多くの繋がりをもつことが重要です。YEGは、活動を通じて様々な繋がりをもつことが出来る団体です。人との繋がり、地域との繋がり、情報との繋がり、社会との繋がり。繋がりは、かけがえのない財産 です。そして未来へと繋がると。
また、自身の経営者としての資質向上も重要です。私はスピードの理論だと思っています。限られた時間の中、いかに効率良く動けるか。スピードは知識・経験・応用力などを最適化、あらゆる面で対応してこそ早めることが出来ます。学びを求め、オリンピック・パラリンピックイヤーでの景気の偏りに対する対策と経営強化など時事に沿った情報を積極的に取り入れ、勿論、我々は青年経済人としてコンプライアンスを守り、移り行く経済の 中でも確固たる利益を生める企業を目指してもらいたい。

岡山県は古来より天災の少ない県として有名でした。しかしながら近年に起きた幾つもの災害によりそれも変わりつつあります。今一度地域を見つめ直し、他に誇れる倉敷・水島を発掘していきたい。また、高梁川流域倉敷三斎市は1億円の経済波及効果を生んでいる地産地消の朝市として、地域の方々に助けていただきながら行っている倉敷YEG最大の事業です。この三斎市や各事業に「お互いを尊敬しながら」「目的・責任を持って」「本音でぶつかって議論し」「一生懸命活動して」事業成功に向け時間を共有していくことで、表面だけでなく、助け合い、励まし合える絆をYEGという組織を通じて高められる関係を皆が持てる環境をつくりたい。そして何より、 YEG活動への参加を家族・社員に笑顔で送ってもらえるようにしたい。

倉敷商工会議所青年部は翌年度、25周年を迎えます。その準備として、豊かな未来のために倉敷YEGビジョン 第Ⅰ期にも掲げた政策提言実現に取り組みます。また産学官の連携を深め、倉敷・水島の魅力を広げる活動をし ていきます。私は皆様と共に様々な繋がりをもって、豊かな未来を築くため尽力していきます。

6.活動方針案(職務分掌)

  • 25周年準備委員会

25周年記念式典準備
25周年記念事業準備
第1期倉敷YEGビジョンの検証
第2期倉敷YEGビジョンの作成
YEGメンバーの実態調査
三斎市の運営  
会員拡大活動 年間目標2名

  • 渉外委員会

出向者支援(日本・中国ブロック・県連会議・県連ゴルフ)
全国大会・中国ブロック大会・会員大会とりまとめ
日本YEG事業参加の推進活動
三斎市の運営
会員拡大活動 年間目標2名

  • 政策提言委員会

親会・行政への政策提言
風会議(行政とのディスカッション)の設営・運営
5月 政策提言例会の企画と設営
三斎市の運営
会員拡大活動 年間目標2名

  • 会員研修委員会

新会員研修
9月と2月の例会内事業の企画と設営
三斎市の運営
会員拡大活動 年間目標2名

  • 産学連携委員会

学生・官公庁との産学連携事業
りんてつ沿線手帖の検証(存在しない店舗の整理等)
三斎市への学生参加企画
3月 卒業例会の企画と設営
三斎市の運営
会員拡大活動 年間目標2名

  • 例会委員会

例会の設営
4月・10月 交流例会の企画と設営
8月 OB例会事業の企画と設営
1月 新年賀詞交歓会の企画と設営
3YEG例会の設営(11月例会)
三斎市の運営
会員拡大活動 年間目標2名

  • 広報委員会

月一でのKCT番組の企画・運営
当会の魅力発信・事業広報
HP・FBの運営及び企画と検証
会報誌の編集業務
イベント等の写真撮影・依頼
三斎市の運営
会員拡大活動 年間目標2名

  • 水島活性化委員会

水島を活性化させる事業の企画・運営
6月例会内事業の企画・運営
2月三斎市「ALL倉敷DAY」における水島エリアの出店取りまとめ
三斎市の運営
会員拡大活動 年間目標2名

  • 親睦委員会

4月OBお花見会の企画と設営
内外親睦事業の企画と設営
12月例会内事業の企画運営
会員の三斎市参加への呼び掛け
三斎市の運営
会員拡大活動 年間目標2名

  • 男女共同参画委員会

男女共同参画社会をテーマに今後の会員企業の在り方を学ぶ
女性会連携活動
7月例会内事業の企画と実施
女性活躍に向けた事業の実施
三斎市の運営
会員拡大活動 年間目標2名

  • 総務委員会

会員手帳の発行
規則、規定の検証
各種会議・総会の設営、運営
エンジェルタッチの運営及び企画と検証
同好会設立の窓口
新入会員の取り纏め窓口
会長・専務案件の補助。役員会運営と資料の取りまとめ
三斎市の運営
会員拡大活動 年間目標2名

 

 

 

 

お気軽にお問い合わせ下さい。

メールでお問い合わせはこちら

エンジェルタッチ

りんてつ手帖 倉敷の朝市「くらしき朝市三斎市」 日本YEG 倉敷商工会議所

入会案内

倉敷YEGのビジョン

Copyright © 倉敷商工会議所 青年部 All Right Reserved.